最近の記事
私のツイッターではありません
 
カテゴリー
最近のコメント
トラックバック
プロフィール
記事アーカイブ
広告
リンクです
ブログ大賞をちくりと刺す日記
鉄ぬこ天鳳戦記
 
Links
Search
Admin

消すのももったいないのでこのブログを活かす


このブログは以前「天才と云う名のギミック」という名前でしたが、多くの記事を消してしまって、今は残骸が残っている感じです。別に消してしまっても良かったんだけど、ちょっと自分が運営しているサイトの宣伝にも使おうと思って、たまにあまり中身のない更新をしてみようと思います。 

 えー 最近の動きなんですが、初心者のための麻雀講座という長く自分が運営しているサイトで、麻雀役の紹介ページをリニューアルしました。麻雀のルールを覚えてみたい人はぜひ訪問してください。 新しいブログにも書いたので重複してしまったんだけど、こっちはこっちで宣伝をしておきます。

 去年か今年でサイト運営10周年みたいな雰囲気だったけど、特にそういったイベントをやるわけでもなく、ものすごくタンタンと更新していました。 今年は麻雀の点数計算講座に手をつけてみたいのと、インタビューの企画なども進めてみたいです。まだまだやりたいことはあるのでがんばってみます。 

 どうでもいいけど、今回リニューアルした「麻雀役を覚える講座」何がめんどくさいといえば、役の説明用の画像を1つ1つ作ってたんだけど、これが非常に時間がかかりました。 別にテキストでやればいいんじゃね? って感じは確かにあるんだけど、がんばりたくない部分をがんばってしまうのが性格みたいです。 

なんかまともにブログを運営してないなーって感じがするんだけど。 新しい天才という名のギミックもあわせてよろしくお願いします。

福地配信


月刊ネット麻雀のレイアウトを少しいじりました。
今風な感じになった気がします。いちおう「WEBマガジン」なんで、それっぽいものにしてみました。大きな変更点はフォントが変わったことです。

あと、福地さんと1年前にやった配信をSOS-LIVEの第0回としてアップしました。

竹熊健太郎さんのライブレポート

たけくまメモで有名な竹熊健太郎さんのトークライブに私がいったので、内容報告も含めて同業者である福地センセに話を聞いたという配信でした。ニコニコにあげたので、興味ある方は聞いてみてください。

近代麻雀のコラム読んだ


ネマタさんのコラムが掲載されているコラムを読んだので好き勝手に感想を書いてみようかと思います。月刊ネット麻雀で編集者見習いをやってる私も、いろいろと勉強しないといけないんですが。

そっちょくにいえば、どれがいいのかは難しいね。ということになる。

ペチョーリン包囲網 part2


日記が前後するけど、月刊ネット麻雀の2月号を遅ればせながら発売しました。

表紙は日本プロ麻雀協会の夏川七七さんにお願いしたら承諾していただきました。女流プロの方に表紙を飾ってもらったのは幡井さん以来、2人目ですね。本当にありがとうございました。

あと、コラムに関係する話でわりと重要かもしれない報告をしておきます。

月刊ネットマージャン2月号


とりあえず発売しました。

http://magazine.mahjong-rule.com/magazine201002.html

とりあえずご報告だけです。
寝ます!

壁紙


 壁紙を追加しました。

特に更新してもお知らせもしないので、興味ある方は時々、のぞいてみてください。1個作るのに時間がかかるものもあるので、そんなバカバカ作る予定はないんですが、たまにはアップしてみたいです。とりあえず10個まで行ったので一区切りです。

時を知る -大阪難波、午前0時25分の最終電車-


近代麻雀にネマタさんのコラムが掲載されるそうですね。年明けぐらいに、や〜べさんからチラっと聞いたので、個人的にはいよいよという感じがする。「麻雀ブログ大賞をとったから」という直接の理由ではもちろんないんだろうだけど、福地先生によると竹書房の中でも麻雀ブログ大賞が話題になっていたそうなんで、時期的にも無関係ではなさそうな気もする。

真相は謎だが、そのスピードがブログ大賞で加速したとするならば光栄なことかもしれない。結果的に麻雀ブログ大賞に最後の花を添えてもらった感じもして喜ばしいことです。

以下、以前にどこかに書いたことの焼き直しです。記事のタイトルはあんまり関係ない。

卓画についてアレコレ


とりあえず4枚まで増えました(バリエーションだけど)
なんとなく書いてみる。

・アルティマ

アモス・アルティマを天鳳用にカスタマイズしたものです。配牌用のスリットがあるのと、左右の電飾が特徴でしょうか。中央部分は天鳳の点数表示に隠れるようになっているので、実寸よりもかなり小さいですね。リーチ棒が遠近法を無視して出されるので、出された状態を全体に違和感のないように調整しています。細かい部分アレですが、気がついたら修正していきたいと思います。