最近の記事
私のツイッターではありません
 
カテゴリー
最近のコメント
トラックバック
プロフィール
記事アーカイブ
広告
リンクです
ブログ大賞をちくりと刺す日記
鉄ぬこ天鳳戦記
 
Links
Search
Admin

東京雑感


東京で感じたことをまとめておきます。実のところ、大阪人の私だけど、小学校の時に6年ほど足立区に住んでいました。その足立区が悲惨な状況になっていると知ったのは奇しくも福地先生の教育本だった。下流社会みたいだね。

わざわざ作った名刺。表裏で月刊ネットマージャンと初心者のための麻雀講座になってる。本名は別に隠してないんだけど、電話番号とか載ってるのでモザイクかけた。



1 PASMO最強!

切符を毎回買ってたら友達に「PASMOがあります」とか教えられるんです。そして使ってみたらすごく便利なんです。もう切符とか買ってらんねーよ。今更感もあるけど、こういうのをまったく使わないんですよね。

大阪に帰って調べてみたんだけど、大阪にもあるみたい。だけど「後払い」で銀行から引き落とされるそうで審査とか手続きがめんどくさそう。むしろ、私は先払いがいいんですが。後払いだとクレジットカードみたいに、いっぱい使ってしまいそうな気がする。なんか怖いよね。冷静に考えると「後払い」だからといって狂ったように電車に乗ることはないはずなんだが・・・。

4日間の都内の移動だけで1万円ぐらいかかってるし・・・(><)

2 Yahooの路線検索モバイル最強!

たぶん、これがないと死んでたと思う。精度が恐ろしくて新幹線の新横浜から新橋までの到着時間がピタっと合ってた。新横から当てるのか?!と思うと、システム作ったやつをほめてやりたいです。東京の路線の複雑さは異常だろ。というか、日本の電車が正確すぎるんだよね。おつかれさまです。

3 足立区の位置づけ

大阪では「東京からのオシャレな転校生」という位置づけだったんだけど、今から冷静に見ると「足立区」は、どうもそうもいう雰囲気ではないっぽいことは、なんとなくわかった。駅とか場所によっては「雰囲気」や「格」ってあるんじゃないですか。これが地方の人間にはわからないんですよね。

今回、私が学んだ東京の格を紹介しておきます。様々な情報を総合した結果です。ソースは東京時代の足立区民数人。

「足立区で他の区に通用する駅は北千住だけ!」

足立区では北千住>西新井>竹ノ塚・綾瀬 みたいな格があるそうで、他の区でも対等に渡り合えるのは「北千住」のみ。他はもうキツイそうです。

しかし、西新井はかのレオナルド・ディカプリオも認めた国際派都市であることは見逃してはいけない。翻訳が戸田奈津子とか、バブリーだよな。



「EAST なんとか〜」ではなくって本当に「西新井」って言ってるよ!

足立区が勝てる可能性があるのは北区と葛飾区

足立区そのものが23区でもかなり格下だけど、その中で勝てるのは「北区」と「葛飾区」だけど、『けど、葛飾住んでるやつは、絶対に足立には負けてないって言うだろうね』って話だ。足立区は川を越えるともうツライらしい。北千住と田端では、北千住の勝利!圧倒的な勝利らしい。

東武伊勢崎線はダサい。地下鉄半蔵門線はオシャレ!

私が住んでいたのは東武伊勢崎線「梅島」という場所なんだけど、この沿線はオシャレではないらしい。友達に言わせると「伊勢崎って時点でアウトだろ。埼玉の奥地だし」って話だ。

けど、一方の意見では「半蔵門線につながってるのでいけてる!」って話もあったので、たぶん、半蔵門線はおしゃれな路線なんだろうと思う。

御徒町はそんなオシャレではない

何度か友達に「どこか東京で行きたいところない?」って聞かれて「御徒町行きたい」とか言ったら失笑された記憶がある。少年時代の記憶では御徒町は大都会だったんだけど・・・。

「御徒町って東京でどういうポジションの街なの?」って質問したら「上野と秋葉原の間ってぐらいのイメージしかない」って話だ。

朝の5時に人ごみができる新宿は狂ってる

朝の5時なのに人がいっぱいいるんです・・・。水商売の人とか多いし。あと「おっぱぶ」って業種があるみたいですね。よくわかんないけどはじめて聞いた。

朝の5時の歌舞伎町を見てると、なんか「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ〜」とか、反社会的な歌を歌いたくなるよね。意味はないんだけど。寂しくなった。

上野はバクチ打ちが多い

上野はバクチの匂いがする(ソースは福地先生とドサ健だけ)

ガンダムを見てきた



20世紀少年で読んだけど、現実にこういう地上兵器があると、コックピットがものすごく揺れるので、パイロットが酔いに耐えられないらしいですね。

個人的にはZガンダムの方が好きなんだけど。お台場に行くのに「ゆりかもめ」に悩まされる。「ゆりかもめってなんだよ?」で、10分ぐらいどうしていいのかわかんなかった。モノレールのことなんですね。お台場って住みにくそうな感じがする。家賃とかって高いのかな?よくわかんないけど。

お台場って海があって、夜景が見れる。海と180度に広がる夜景って香港しか見たことなかったんだけど、磯の香りとか、雰囲気がよさそう。カップルとか本気でウザイです。

大阪は東京のライバルとか思ってるやつはバカ

そもそもの規模が違うので、行ったことないやつは行くとわかる。街全体の規模がぜんぜん違います。勝てる要素は阪神タイガースぐらいでしたが、今年は無理。数年間は無理っぽい。

東京はとても刺激的な街だと思います。また住みたいなぁ。地方在住って、いろんな面で不利だよね。また行きます!


東京事変/群青日和
椎名林檎の「東京観」みたいなところはすごく好き。


上・京・物・語 / シャ乱Q
この曲がスマッシュヒットして後のブレイクにつながる。
時代を感じさせるPVですね。


やしきたかじん - 東京
関西の歌手で東京を歌う時、その「東京」には象徴的で複雑な何かの感情が混じってるんだと思う。何かはわかんない。


Bon Jovi - Tokyo Road
何だかよくわかんない。この「東京ロード」って具体的にどこのことなのか?「大阪ロード」だと、それが宗右衛門町あたりだとわかるんだが・・・

人気麻雀ブログを作るには


「人気麻雀ブログを作るには?」というテーマは私から福地先生にリクエストしたものです。麻雀界でこのテーマで語れるのは福地先生以外にいないだろうと思っていたんだけど、先生は自分には向かない気がすると言ってた。そんなもんなのかな。このテーマには続きがあるんですが、それは別の方にお願いしています。少し時間かかるかもしれないけど、気長にお待ちください。

人気ブログを作ること/私が人気者になることは混同されがちだけども、まったく性質が異なる。黄金牌を巡る物語や月刊ネットマージャンにアクセスしてくれる人はあんまり私/管理人音無には興味はないだろうけど、そこにある情報には興味がある。

奇抜な情報でなくても、例えばインターネット上では「地図」がわりと集客力のあるコンテンツになっている。グーグルのは異常だけど、地図というどこにでもある情報や麻雀のルールといったものでも、使い方を見極めればそれなりに人を集めることができる。

福地先生に書いていただいたことにまったく異論はないし、むしろ勉強になる部分も多かったんだけど、私なりに付け加えてみたい。

・面白い題材選び

面白い記事を書くコツは、面白く書けそうな題材を選ぶことに尽きると思う。野球でいう選球眼の良さにあたる。打てない球には手を出ださないのと、打てそうで打てない球、打てそうで打てる球、いろいろとあるけど、それを見極めればいいんじゃないだろうか。

福地先生クラスのライターになれば、どんな内容でも内野安打ぐらいにはできるんだろうけど、素人ならば、まず確実に内野安打狙える球を待つ。できたら、ホームランを狙える球が来るのを待つ。

・自分が戦えるフィールドで戦う

有名なプロレスラーには、代名詞ともいえる必殺技がある。猪木なら延髄斬りや卍固め、馬場さんなら16文キックやチョップ。自分にとって得意なフィールドがあると、そこで麻雀を語れば自分のカラーが出るよね。福地先生なら出版業界、omoteuraさんならアングラカジノ、ヒゲさんなら漫画のコラージュ、須田さんは麻雀の牌姿を人生の場面に変換するとか、そういう自分の得意分野があると思う。

実際、ネットコンテンツが溢れる時代においては、尖ったものがいいって話を聞いた。10人読んで8人が「まあまあいいんじゃないか」って言うものより、10人読んで「2人が絶賛、残りはクソだろ」って言われるぐらいのもののことらしい。このへんは福地先生の見解に通じる部分があると思う。

テレビ、雑誌は不特定多数の人が見るので、平均点として良いもの、みんなの面白さの最大公約数的なものが選ばれるんだろうけど、ネットの場合はもっとマニア受けするものが生き残るという話だ。不特定多数が見るのはネットも同じだけど、ユーザーは能動的でより自分の選択が可能なので、必然的に濃いものに集まってくる。それでも、全国から集めればけっこうな人数になるみたいなんだよね。

麻雀ブログ村という小さな世界から、世間一般というフィールドに出ても戦えるものは、きっと個性溢れる強烈に尖ったものなんだと思う。咲やムダヅモなき改革なんかが本当に良い例かもしれない。

出版業界人である福地先生に書いてもらったので、一般の書籍に通じる部分というか、文章全般の普遍的な部分だと思う。それとは別にWEBの特性、WEBの読者を念頭において、WEBに特化した部分でどうコンテンツを展開していくのかというのは、今後の課題になるだろうか。たぶん、答えは誰もはっきりとはわかんないだろうから、誰かが考えてくれたらいいと思う。

最終的には「人気ブログ作ってどうなる?」という命題にぶち当たるんだけど、これは「ネットマージャンで強くなってどうなる?」に通じるものがあるし、なんだか「勉強してなんになるんですか?」的な質問に通じるものがあるかもしれない。

まあ、いいや。

そういうわけで、自分の代名詞ともいえる部分があるといいんじゃないだろうか。あんまり関係ないけど「超入門科学する麻雀」の最後に、科学する麻雀への賛否両論の意見が掲載されていた。

非常に面白かったんだけど、仮に科学する麻雀を批判する時に、とつげき東北のフィールドに入り込んで批判したら、間違いなく自分の評価を落とすことになる。これは賞賛する時も同じだろう。何人かとつさんの舞台で反論しようとしていたけど、同じ種類の武器で対抗しようとしても性能が段違いなんで勝てるわけがない。同じ種類の武器ならば、それ相応のものを自分が持ってないと恥をかくだけだろう。

私の書いてることなんで、あんまりあてにはなんないけどご参考に。日本プロ麻雀コラム連盟協会はこれからもいろいろな人にお願いしたいと思っています。とりあえず何人かとは交渉しています。続報をお待ちください。人選は編集者としての私の腕がとわれる部分だけど、あっと驚くようなメンバーを集めたいと思います(キン肉マンソルジャー風に)