最近の記事
私のツイッターではありません
 
カテゴリー
最近のコメント
トラックバック
プロフィール
記事アーカイブ
広告
リンクです
ブログ大賞をちくりと刺す日記
鉄ぬこ天鳳戦記
 
Links
Search
Admin

卓画についてアレコレ


とりあえず4枚まで増えました(バリエーションだけど)
なんとなく書いてみる。

・アルティマ

アモス・アルティマを天鳳用にカスタマイズしたものです。配牌用のスリットがあるのと、左右の電飾が特徴でしょうか。中央部分は天鳳の点数表示に隠れるようになっているので、実寸よりもかなり小さいですね。リーチ棒が遠近法を無視して出されるので、出された状態を全体に違和感のないように調整しています。細かい部分アレですが、気がついたら修正していきたいと思います。

 ・アルティマ 対子市民シグネチャーモデル2010

天鳳で活躍するスタープレイヤーに贈られるシグネチャーモデルです(笑)。イメージと しては、ギブソン社のレスポールです。伝統のギターメーカー「ギブソン社」では、有名な型であるレスポールを、その人の好みを聞いて、オリジナルのモデル を作ります。

今のところ、ギブソンのシグネチャープレイヤーって世界で5,6人しかいないはずで、エアロスミスのジョー・ペリーやガンズ アンドローゼスだったスラッシュ、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとかがいる。日本からはB'zの松本孝弘が選ばれていて、けっこうすごいことだと 思った記憶がある。そのわりには他の有名なギタリストが選ばれてなくて選考基準は本当に謎だ。

ギターだけではなく、バスケットシューズと かも、その人に合う形でオリジナルモデルが作成されたりする。本人に特化したものなんで、逆には他人には使いにくい場合もあるらしいですね。

今 回は市民さんの意見でチップを配置しています。シンプルな麻雀用のチップだと少し味気なかったので、カジノチップをモチーフにしています。 「DYNAMISM」は市民さんの好きな言葉だそうです。市民さんに憧れる人や、市民さんのように強くなりたい人はぜひ使ってくださいw 

・ALTIMA  MUSIC

「初音ミク」と「通常版」の2種類があります。「音楽と麻雀の融合」はパクリで、これは私が今よりもずっと若かった時に好き だった洋服のブランド「Lad musician」の「音楽と服の融合」をいただきました。ギターケース型のショダルダーバックや、スネアドラムをモチーフにしたカバンとか、とてもかっ こよかった。関西にモノがさほど多くなくて、京都や神戸まで出かけて買いにいった記憶があります。

4人で麻雀をプレーしながら、それぞれ が別々の音楽を聞いたり、あるいは同時に同じ音楽を聞いたりできるような風景を想像しました。ツモ切りとか自動理牌とかの表示にあわせるのがめんどくさく て、実際にプレーしないといけない。テキトーに打ってすいません(牛歩と思われたかも)このおかげでポイントかなり減った。初音ミクはそのうち誰かがSE 作ってくれるかもしれないですね。

時間をみつけては、いろいろなコンセプトの卓を作ってみたいとは思います。とりあえず、新日本プロレス 卓を作りたいと思うんだけど、版権ものは怒られそうだから微妙ですね。

昔からサイバーな空間、近未来的な世界観が好きなので、そういうの を作りたい。アンコロさんの昭和とは対極の方向に進みたいですが。いくつか、私の好きな「近未来」の映像をご紹介しておこう。わりとステレオタイプな「近 未来象」なんだろうけど、そんなのが好き。

[neo universe]ラルクアンシエル
ラルクアンシエルにさほど興味はないんだけど、このPVだけ好き。こんな時代になっても麻雀とかみん なやってるんだろうか。

[fly away from here] Aerosmith
同じ世界観でエアロスミス。はじめて海 外に行った時、飛行機の中でこの歌がかかっていたので、とても思い出深い。ANAはナイス選曲!いい歌だ!

 [star trek dominion war]
誰かが作ったであろうスタートレックのドミニオン 戦争のトレイラー。2:20ぐらいから始まる宇宙空間で艦隊同士の戦闘とか、どんなけカッコイイシチュエーションなのかと思った。ちょっと前にあった「オ カルトは滅びるのか?」の話において、「完全にデジタルになる」を私は脳からプラグみたいなものが出てコンピューターアクセスできるような状況を想定して たんだけど、そりゃネマタさんの意見と噛み合うわけない。

The Fifth Element (original trailer)
マトリックスもそうだけ ど、映画のフィフス・エレメントの世界も好きだ。衣装をやっているジャンポールゴルチェは見ている分にはかまわんけど、実際に着ている人って人生の中で数 人に出会ったけど、全員がどこか感覚がぶっ飛んでる感じがした。まあ、他人のことなんでいいんだけど。

Comment


Trackback

Trackback URL

http://blog.kowloon.cc/trackback/1005892