最近の記事
私のツイッターではありません
 
カテゴリー
最近のコメント
トラックバック
プロフィール
記事アーカイブ
広告
リンクです
ブログ大賞をちくりと刺す日記
鉄ぬこ天鳳戦記
 
Links
Search
Admin

ブログ大賞のたぐいが成功してない件について


少し書きたいことがあるので更新しておきます。
*はこパラに書いたものに加筆修正しました。

年末に麻雀ブログ大賞をやるとは告知はしましたが、ネット上でこの手の「○○大賞」があまり成功しているように見えないのが気になる。少し調べてみただけでも、いくつか記事が出てくる。

http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050131
http://masayo-blog.com/archives/605
http://74.125.153.132/search?q=cache:BVdtnzASdroJ:unkar.j...

何をもって「成功」「失敗」するのか、その定義は曖昧だが、それでも成功してるように到底見えないのはなんだろうか。たぶん、根本的な原因があるんだろうと思うけど、それがよくわからない。個人のサイトが「○○大賞」という名前の俺様企画を楽しむのはありだし、そこには成功も失敗もない。私も開き直って極論すれば失敗はないんだろうと思うけど、今回は個人企画を超えた範囲での「○○大賞」について考えたい。

何年か前のわりと大きなブログ大賞の優勝が「きっこの日記」だった。投票どうこうの前に、きっこの日記はすでに有名サイトだし、この賞をもらったところでどうってこともないだろう。それに投票形式にすると、人気サイトが必然的に上位に来るという結果が生まれる。人気を競い合った結果、そのサイトが優勝したブログ大賞も順当でありかもしれないが、そんなのはやる前から大半がわかっていることであって、意味あるのか? という根本的な問いが生まれるわけだ。

livedoorやFc2のようなブログキャリアが自社のプロモーションをかねた大賞や、出版社が新人発掘のためにやるブログ大賞ならば、まだ運営指針や成功の定義もはっきりとするのかもしれないと思ったりはするが、どうなんだろうか。

何か失敗するだけの要因があるとは思うけど、私もよくわかっていない。Blogと賞が根本的に合わないのかもしれない。全力で回避するつもりではいるけど、どうなるのかはわかんない。運営側としては失敗するリスクや赤っ恥かくリスクがあると思うけど、まあ失敗したら失敗したでいいやんかという話にはなるだろうけど・・・。

開催動機については、現時点でわかっていること、整理がついていることがいくつかある。あまり積極的ではない性格だけど、自分で関わりたいと思った麻雀のイベントがあって、1つが麻雀ブログ大賞だった。もう1つは、日本式麻雀のオンラインでの世界戦。団体戦で日本代表チームが世界を相手に日の丸背負って麻雀する場面は、ぜひ見てみたいと思うわけだが、それは今回は別の話なので置いておく。

麻雀の観戦記を当時の田中太陽プロが書いていて少し話題になったことがあった。麻雀ラジオの中で太陽君が「麻雀の観戦記は阿佐田哲也氏に源流を持つ文学の要素を持ったもの」みたいな趣旨の発言をしていた。確かにそうだなと思った記憶がある。

麻雀を打つ楽しみはもちろんあるし、最強を目指すのは確かにありだと思うけど、一方では阿佐田哲也氏に源流を持つような麻雀を使って、そこに人生を投影したり面白おかしく表現したりする文化の系譜があるのだと思う。麻雀ブロガーの数も多いし、おそらくそれは阿佐田哲也氏だけの感覚ではなくって、わりと多くの人が持つ「牌を使って何かを表現する」という流れが存在しているんじゃないだろうかって話だ。

そう考えた時に、その系譜の最前線を行くのは誰か? という答えは、たぶん「麻雀ブロガー」になるのだと思う。牌は実際の牌からネットのデジタルデータに移行し、書き記す媒体もブログというメディアに移った。それでも形を変えて阿佐田哲也氏が抱いていたであろう何かが、静かに生きているのが麻雀ブログなんだと私は思う。ブログだけではなくって、自作のプログラムだったり動画だったり、すべてを包括して”麻雀を表現する”という行為そのものが伝統的な系譜があるのではないか。いうなれば「麻雀文化」のひとつの側面であるとも言えるのはないかな、と思う。

今年は没後20年なのは偶然かもしれないけど、月刊ネットマージャンという牌を表現する人を称える内容のサイトを1年ほど運営した集大成としても、あるいは、何かの節目としても今年中に麻雀ブログ大賞をやってみたいと個人としては思った。

いや、まあ阿佐田哲也氏の名前を出すまでもなく、もっと単純に考えてもいい。ピアノとかの習い事をしていても、発表会みたいなイベントがある。へたくそなバンドを組んでいた時もたまにライブなんて晴れやかな舞台があったりする。

優劣を競うという意味合いではなく、自分が作ったものを発表したり、お互いに発表し合う(ささやかだけど)晴れやかな舞台な舞台が1年に1回ぐらいあってもいいんではないかとも思うわけだ。

難しい、本当に難しい。
けど現時点でこのまま突っ込めば、間違いなく失敗するだろうなというのがわかる。というか、予感がする。

運営能力を問われるわけだが、あんまり自信はない・・・。私が赤っ恥かくのはかまわないんだけど、いちおう記録としてこんなことを考えてましたというのは残しておこうと思う。これぐらいの能力の人が、こんなことをやろうとして、結果としてこうなりました、という生の記録だ。誰か次にやろうとした人にとって参考になればいいんではないか。

だからといって指くわえて失敗に突っ込んでいくのを見守るわけにもいかないのでなんとかしたい。

なんとかしてくれ!長村ビッグ! (今、長村ビッグに相談してる)