最近の記事
私のツイッターではありません
 
カテゴリー
最近のコメント
トラックバック
プロフィール
記事アーカイブ
広告
リンクです
ブログ大賞をちくりと刺す日記
鉄ぬこ天鳳戦記
 
Links
Search
Admin

卓画その2


もう1枚追加しました。

http://magazine.mahjong-rule.com/material.html

なんでいまさら? という感じもしないでもないけど。また気が向いたらつくるかもしれません。

月刊ネット麻雀の登録申請メールいただいているのに返事遅くなってすいません。数日中にはやります。壁紙の作成も一段落したので。

卓画


 
天鳳のウインドウズ版のオリジナル卓画を公開しました。
今のところ2種類あります。
ご自由に使ってください。

http://magazine.mahjong-rule.com/material.html

創作の話


麻雀工場が黄金牌を巡る物語とかぶってるなーと思いつつ見ている。別に何というわけでも、えらそうに語るつもりもないんだけど、たぶん、同じようなことを考えたと思うので、参考になるかわかんないけど書いてみる。

いぇーい、メカゼットンさん見てるー?

月刊ネット麻雀1月号



月刊ネットマージャンでやった麻雀ブログ大賞のメインの商品でもある、月刊ネット麻雀1月号が完成しました。いろいろやらないといけないことを放置しての作業でした(メールの返事とかいろいろすいません)2月号もすぐに出ます。今月のブロガーは2月号から仕切り直ししたいと思っています。比嘉さんおつかれさまです。商品もまだ全部送れていません(><)ちょっと待ってくださいね。




月刊ネットマージャンをこれからどうしようか?と考えてはいますが、広く「場」としての月刊ネットマージャンを目指しています。わかりやすく言えば所属選手のいない「PRIDE」のリングみたいなものですか。なんかアイデアをひねり出そうと思います。管理人とマッチメイカーはやるけど、そこで戦うのは別に私ではないみたいな感じですか。

日本プロコラム連盟協会Aリーグのコーナーだけ、私が今のところ編集長をやりたいという思いはあるので、それとは別に01さんのラジオで話題にあがった、お題やテーマを募集してもらって投稿してもらうようなコーナーも作ろうかと思ったりしました。考えてみよう。

日本プロ麻雀コラム連盟協会のAリーグに関して、ここを見ているかどうかわからないけど、連絡先がわからないけど頼んでみたい人として、日本プロ麻雀連盟の佐々木寿人プロがいます。もし、ご検討いただける余地があるならばご連絡ください。もしくは誰か伝えてください(原稿料は安いです。本当にすいません)やっぱりそうなってしまうのか?

月刊ネットマージャン登録のガイドラインをまとめてみました。基本的にどなたでもご自由に登録できます。

あと、個人大会の告知などにも協力させてもらうので、なんかそういう仕組なども必要なのかなぁと思いました。BBSをパワーアップしたもの的な感じで、誰でもメンツ募集や大会告知などができるようなものにしたいです。プラス、大会に華を添えるようなタイトル画像などの作成は、リンクや配信中に月刊ネットマージャンの宣伝をしてもらえるという交換条件でならば、時間がある限り対応させていただきます(手作りなので時間がないとできないし、さほど凝ったものは作りません)なんかあればご相談ください。なんでもやりますよー!と大々的には宣伝はしませんが、お考えの方はご相談ください。金を積まれた場合は喜んでやります。たぶん、どこかに落とし所があると思います。プログラム的なことは長村さんか観戦さんがなんとかしてくれると思うので、私には言わないでください。

2月号はコラムを1本公開できると思います。あの人に登場してもらうことになりそうです。今は白覆面の男としておきましょうか。プラス、ブログ大賞のからみで嬉しいニュースを聞きました。後日発表できるかもしれないし、詳細不明なんでなんともいえませんが。うふふ。

passive aggressive


知り合いのカナダ人に「passive aggressive」のような性格は日本語訳でなんていうんだい? と質問されて興味深かったので紹介しておく。私は「passive aggressive」という言葉を今まで知りませんでした。

passive/パッシブは「受動的な」「受身の」という意味、aggressive/アグレッシブは「攻撃的な」という意味で両方をミックスすると「受動的で攻撃的な(性格)」みたいな感じになる。

例えば、部屋の中でルームメイトにタバコを吸われる。煙たいから嫌だけど、直接は相手に「タバコやめて」とは言わない。灰皿を隠したり、あからさまな態度で窓を全開にする。相手が遅刻したりしても、相手には直接的な文句や攻撃を加えるわけではなく、遠まわしに「このロスした時間で悲しい思いをする人も世の中にきっといるんだろうな」風な言い回しで攻撃をしてくる。

私も人生の中でこういう人には多々出くわした。そういうのはたいてい、バイト先の店長とかそういう感じのポジションの人で、いまだにいい印象は持ってない。間違った場所に物をしまったら、自分で取り出して、正しい場所に無言で戻す。なんか言えよ、とか思うし。その店長なりの教え方なんだろうけど、かなり感じ悪いしpassive aggressiveだ。

相手から攻撃があって(passive)、はじめて攻撃する(aggressive)そして、その攻撃はとても間接的な方法をとるみたいな性格がpassive aggressiveな性格だ。海外ではとてもポピュラーな言葉で性格分類としても一般的らしい。

日本語で言えば「陰険な」「厭味ったらしい」みたいな言葉になるんだろうけど、これが訳として適切でないのは、日本語の「陰険な」「嫌味っぽい」はかなりネガティブな悪い性格の意味が強いニュアンスの言葉だけど、英語のpassive aggressiveは必ずしも悪いわけではない点にある。それに、passive aggressiveは、その人から最初の攻撃をしかけてこない点も違う。何もしなければ無害だ。陰湿な、嫌味っぽいには、この部分が欠けている。

もちろん、海外でもpassive aggressiveの性格については賛否両論はあるそうだ。人によっては日本人的な感覚に近い「嫌味っぽい」「いい人ではなさそう」を含んだ「攻撃的」な性格だからあまりよくはないみたいな判断をする。ただし、それは最終的に「攻撃的」だから悪く判断されるだけであって陰湿さに重点を置いていない見解になる。それにpassive aggressiveは先に攻撃を受けてはじめて反撃するわけであって、それは最初に攻撃する側が悪いだけで、その人に責任はないよ、みたいな見解もある。

悪いニュアンスばかりで受け止められがちだけど、この考えは例えば無抵抗主義のマハトマ・ガンジーなどにも通じる部分があるそうだ。自分たちの領域を侵略してくるものに対して、反発はする。ただ武力で直接的な攻撃をするわけではなく、彼は無抵抗主義みたいな間接的な方法、それでいてかなり強い意志で主張・攻撃をした。これもpassive aggressiveの形の1つだ。

良し悪しはわからないけど、これをブログでのやり取りなんかに置き換えると、少し話がかわる。ブログでも攻撃を受けた場合に、名指しで批判しかえすと泥沼になるので「あなたのことがキライですよ、私に関わらないでください」と間接的な表現でサインを送るのはそんなに悪いことではなさそうだ。私も実際にこのブログでも遠まわしに、この手のことをやったこともあるかもしれない(笑) スルーするのはちょっと違う。私は基本的に専守防衛を標榜しているので、攻撃を受けなければしかけない。けど、攻撃を受けた場合の返し方は、論争をふっかけるというのはありだけど、遠まわしに牽制するのも角が立たないようで悪くはないと思うんだよね。かつ、明確なサインを送れるわけだ。

けど、実生活の場合、上に紹介したタバコのエピソードを聞いた時の感想や、店長の話は「すげー嫌なやつ…」みたいなものだった。なんか友達には絶対になれなさそうな。

結局、欧米ではわりと一般的な言葉である「passive aggressive」を、日本語の一般的な私たちが普通に使う言葉に置き換えることができなかった。精神医学の世界ではそのまま「受動攻撃性」みたいな言葉があると辞書に載っていたけど、普通の人はそんな言葉はわからないよね。

たぶん、人は多少なりともpassive aggressiveな要素を持っていると思うし、日本では少しぐらいあった方が生活が円滑に進むのではないかとすら思った。もし適切な言葉を知ってたらだれか教えてください。

FREE


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
小林弘人

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
日本放送出版協会 2009-11-21
売り上げランキング : 9

おすすめ平均 star
star無料からお金が・・・
starこの本で一番の成功者は
star332ページからがコンパクトで特にいい&著者のサイトにいってみよう

Amazonで詳しく見る



注文していた本をようやく手に入れることができた。1回在庫なしのキャンセルをくらい、2回目はグダグダがあって、ようやく手元に届いた。まだ感想を出せるほど読み込んでいないけど、楽しみです。
たぶん、面白いと思う(面白いはずだ)

読んだらまた報告します。とりあえず、やっと手に入ったというだけで嬉しい(そんなに入手困難な本ではないんだけど)

あまり関係なさそうだけど、麻雀ラジオで少し話した「天鳳位」の存在については、私ならこういう発想は出さないって話だった。さくらこさんの提案だという話で、さくらこさんがどういう意図で天鳳位を設定を提案したのか、その詳細を知る由もないけど、ざざっと聞く話を総合して判断すると、やっぱり私ならまずやらないだろうなって話だった。なんでかという理由は確かにあるんだけど、書くと長くなるので、それはまた今度書きます。私は雀荘モードとかよりも、天鳳位の存在こそが危険でややこしいものを含んでいるように思う。



アクセスあれこれ


メールとか連絡が遅れています。すいません。
息抜きのように書いているので下書きっぽいものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アクセス集めて何になる? という問い掛けは横に置いておいて、少しアクセス数について話しておく。

「アクセス数」を語るときの指標として、用語の定義がバラバラだが

・ユニークアクセス(ビジット数などとも呼ばれる)
・ページビュー(あるいはプレビューなどとも呼ばれる)PV

のどちらかを指している場合が多い。アクセス解析の会社によって別の意味で使っていたり、悪意ある場合や勘違いで「ページビュー」を「アクセス数」と称したりするケースもあるので注意が必要だ。ユニークアクセスは、実際に訪れた人数で、私が同じサイトを1日に2回閲覧してもユニークアクセスは1だ。1回だけあるサイトを訪れて2ページを見たら、ユニークアクセス1、ページビュー2になる。

ここではアクセス数と書いた場合、特に注意書きがなければユニークアクセスの方だと思って間違いない。アクセス数に関しては前々から不思議に思っていたし、いろいろな要素を含んでいるのでわからない部分も多いんですが。

アクセス数とは指標の1つであって、それが何か絶対的になるようなものではなく、かなりアバウトな概念でしかないと私は思っている。会計で言えば「年商 (売上高)」のような言葉で、年商の大きさを持って単純に良い会社、悪い会社かどうかは図れないのと同じだ。もちろん、無意味とはいわないし、アクセス数を集めるのが簡単とも思わない。そこに一定の才覚と努力は必要だけども、アクセス原理主義みたいな考え方もまた間違っている。

たとえば商社と居酒屋が共に年商1億円であったとしても、単純に比べることはできない。

居酒屋1店舗で年商一億だったとして、その店は「すごい」だろうか?見た目には大きいだろうが席数や面積から判断すると「あまり儲かってない店」という言い方も可能かもしれない。

商社で年商1億といえば、弱小になるだろう。利益率、あるいは営業利益、経常利益といった概念や、ROIやROEといった会計指標、さまざまな面で語られるように、単純な年商という数字からは見えない部分も大きい。

ちょっと前にマネーの虎という番組で社長さんたちが数多く登場していた。プロフィールには肩書きと「年商10億」とか書かれている。これも一種の トリックであって、何も知らない人は「現金で10億円入ってきている」かのような錯覚を与えかねない。企業規模の年商10億といえば、ようやく金融機関か ら法人として認識されるレベルの中小企業という言い方すらできてしまう。儲かっているのか、その人が現金を持っているのかはまた別問題だ。

同様の言葉で「総資産」もある。誰か私に1億円を貸してくれたら、私は借金1億円でも、「総資産1億円」といえてしまう。ただし、これも見方に よっては「私は1億円の債務を負うに足る人物」という評価も可能だ。1億円借りれる人間はかなり信用のある人間といえる。結局のところ、指標の1つであってどう読みとくのかは別問題だ。

ちょっと前に『恋空』や『リアル鬼ごっこ』のような本が売れたが、あれが”良い本”であるかどうかは、どう見るかでどうとでも言えるような代物だと思う。

そんな中で「アクセス数」だ。

では、単純に考えてアクセス数1万で利益が100円のネットショップと、アクセス数が100で利益1万円のネットショップなら、どちらを欲しいか? と質問されれば、答えは明らかだろう。 ここまで極端な話は別としても、似たような話は山のようにあるだろう。他にも毎日5分の更新で1000人集めることができるサイトと、3時間ぐらいかかるサイトで10000人なら時間の効率から言えば前者の方がいい。

アクセス数を集めて自尊心を満たすというレベルの話なら、ひたすらアクセスを集めて満足すればいいと思うが、一歩外の世界に出ると、単純なアクセス数はよりシビアに判定される。結局のところ、アクセス数を集めるというのは過程であって、アクセス数を集めてどうする? という問いかけに突き当たる。その問いの答えはここではふれない。

アクセスの総数においては、ほぼ選んだジャンルのマーケット、人口によってそのブログの最大値がおぼろげなくみえてくる。もし単純にアクセスを集 めたいならば、規模が大きな分野に飛び込むことが最良の選択にはなる。

麻雀でいえば、漫画を扱う、ルールを覚えたがっている初心者にターゲットを 絞る、ゲームそのものを作るなどライバルも多くなるが、可能性は広がっている。そもそものマーケットのでかさが違うわけだ。マーケットを選び抜く選球眼は評価されるべき要素で ある。一方、自分が好きで選んだ好きなジャンルを書き綴ることを否定する必要があろうか。

麻雀において他の著作物に寄りかからずに、純粋にあなたの意見、あなたの書いたものでアクセス数を集めようとした場合、どこまで集めることができるのだろうか? これについては、考えたことがある。

続くと思ふ。

come together


ビートルズのナンバーで「Come Together」という曲がある。この曲の知名度がどれほどかはわからないけど、アルバムでは青盤に収録されているので後期の作品になるのかな。

イントロのベースが印象的な曲でカッコイイ。わりと好きだったんだけど、この曲はいろんなメジャーな人にカバーされている。

自分で聴くようだけど、集めてみた。かなりアレンジが異なるので微妙なんだけど。

The Beatles - Come Together オリジナル

全体的に暗い感じがするんだけどカッコイイ。ボーカルはジョン・レノン。



Come Together - Michael Jackson
マイケル・ジャクソン版。よくも悪くもマイケルジャクソンという感じで、好き嫌い別れるかもしれない。個人的には面白いと思ったんだけど。



Aerosmith-Come Together
映画アルマゲドンの挿入歌にも使われたんだけど、正直、初めて聴いた時はもっと良かった印象だったけど、今聞きなおすと、なんかしっくりこないんだけど・・・理由は不明です。

最近スティーブン・タイラーがエアロを脱退するとかでニュースになってたけど、いまさらかよと思った。実はスティーブン・タイラーには大阪の難波の路上で握手してもらったことがある。めっちゃ気さくでいい人だった。くちはでかいよね。

学生の頃に「平さん」という女の子がいて、なぜか周りから「ナオミ・タイラー」と外人さん風に呼ばれていたのを思い出したw


Guns'n'Roses - Axl & Bruce Springsteen - Come Together
演奏はオリジナルに忠実だと思う。全体的にいかれた感じでいいと思います。



Come Together Casandra Wilson and Diane Reeves
両方誰か知らなかったんだけど、カサンドラ・ウィルソンはジャズシンガーらしい。斬新なアレンジで、原曲のおもかげを残してる。これはいい!って思った。



三人の侍(Char・奥田民生・山崎まさよし)Come Together
日本からも。アコースティック3本で演奏しています。


とりあえずメジャーなところはこんなもん。探せば他にもいっぱいあると思う。